アーク大隅 レンタル総合カタログ Vol.12
92/236

90寒冷地では、冬期に躯体工事などを進める場合検討しなければならない事項として養生上屋があります。養生上屋は、コンクリートの品質確保だけではなく、作業員の作業環境充実により作業効率の向上、工期短縮を計ることが可能です。又、屋根がコンパネ・シートの場合は水の浸入を防ぐ事が難しいですが、パネル材を使用し勾配をとる事によって、水の浸入を抑えることができます。サイズ重 量8m745㎏6m555㎏※上記サイズ、 ジョイント可能商品  (強度計算検討後)4m383㎏冬期養生上屋パネル●製品特長・最大で8m(パネル材)なので大型車(11tu)での搬入が出来ます。・妻側は重ねタイプになっているので、水漏れが無く施工性に優れます。・現場でジョイントすることによって、最大スパン16mまで中間支柱が不要です。・3種類のパネル材(8m、6m、4m)のジョイントにて足場間に適用出来ます。2-21上屋パネル

元のページ  ../index.html#92

このブックを見る